〝痺れる旋風〟を巻き起こす汁なし坦々麺

前回のブログでは『意図的にこちらがオススメしたい商品の期待値を上げる方法とは』と題し、なんか上から目線でえらそーな事を並べてましたね(笑)さーせん。

そして、いよいよ肝心かなめのぼくがオススメしたい商品つまり『痺れる汁なし坦々麺』の販売がスタートしたのですが、お陰さまで早速のご好評を頂いております。ほんとシンプルに嬉しいよね!

何がそんなに嬉しいって、お富さんは〝寿司や刺身などの海鮮がメインのお店〟なので果たして既存のお客さまに受け入れてもらえるのか正直不安でした。。

ラーメンが食べたいなら『普通にラーメン屋に行くから』って言われれば、ほんとそれまでの話しなんで←これは真理だし

実際にそうなんですけど、ぼくはPOPにもこう書いた『ラーメンが好き過ぎる店長が考案』と、自分が好きだからカタチにしたい!そしてお客さまに食べてもらいたい!!と色んなひとの知恵を借りて開発できた商品だからこそ、オーダーが入るとキッチンの中でソワソワしてしまう自分がいる(笑)

また〝店長こだわりの自家製ラー油〟と謳ってるので、絶対に下手なモノは出せないとは思っていたものの実際にラー油作りを一から自分でやってみて実感したことがある。それは、

ラー油はあくまで味のベースとなる下地みたいなモノで、そこに『甘い』や『酸っぱい』や『ゴマだれのコク』が合わさって始めて『旨味に変化する』のは、普段お店でぼくが担当している魚の調理にはない要素だったので、非常に興味深く楽しい経験をさせていただきました。

しかも、新メニューを始めた初日のランチからSNSで繋がりのあるお友達が自分の時間とガソリン代を使ってまで、実際にお店まで食べに来てくれる。サイコーかよ…

専門分野でないぼくなんかが作ったラーメンを食べに来てくれる。みなさんお忙しいのに時間を割いて『どんなラーメン作ったんだ?』って確かめに来てくれるのは、有難いという言葉しかないです。

中には自分のお仕事での大切なお客さまを連れて食事をしてくれるひともいました。ぼくは勝手にザワザワと勘違いをして『このお連れさまが最近噂の??』と3回もテーブルにチェックを入れに行く始末でしたね(笑)そして、後でやはり当然のごとく怒られましたけど。

仕事をしていても、休みの日にどこかへ遊びに行ってもほんと1日なんてあっという間に過ぎてしまいますよね。そんな日常の一コマを切り取って、みんなであーでもない・こーでもないとワイワイ楽しみながら、自分のタイミングで振り返れるのがSNSの最大のメリットなんです。

何となく最近は仕事でもSNSをやってる風潮だからって、やってるだけで売上なんてそう簡単には上がらないから。簡単にいく訳ないよね?

だから目的をそこに置かない。あくまで、コミニケーションツールとして扱わないとつまらない雑務のひとつになってしまう。

だから、これからもぼくは普通の日常の一コマを切り取りながらそれを発信し続けていきたいと考えている。そして自分の好きをカタチにして誰でもいい訳でなく、自分を好きでいてくれるお客さまに特に届けたい。

自家製ラー油を作ったり、自家製ラー油を作ったり、自家製ラー油は単品で販売しても儲かるんじゃないか??とか考えてたり(笑)

百聞は一見に如かず、一見はひと口に及ばない、痺れる汁なし坦々麺は自家製ラー油と花山椒を振りかければ、自分好みの辛さで楽しみながら食べれられますよ〜♡

次に痺れるのはコレを見て食べたくなった『あなたかもしれない?』やで!

意図的にこちらがオススメしたい商品の期待値を上げる方法とは

例えば、夏に向けての新商品を売り出そうとした時にただ『◯◯を始めました。買ってください!』だけでは、それ程の宣伝効果は期待できない。

なぜならほとんどのひとにとっては、そのお店で始まる新商品に対して何の思い入れも、自分にとって何の関連性もないからだ。それなら一体どうしたら興味を持ってもらえるかと言うと、

商品の開発段階の時点で繋がりのあるひとに関わってもらう事が〝最善の一手〟だとぼくは踏んでいる。それもなるべく多くのひとに絡んでもらった方が断然いい。

なぜなら、ひとは自分の知っている人間が手に取るものに興味を示すからだ。

知っているひとが床屋さんで髪質改善をしたら髪がサラサラになったと知れば、その床屋さんが気になり。

知っているひとが茂原にあるステーキ&ハンバーグのお店で肉汁ぶっしゃーなハンバーグを食べていれば、やはり気になってしまうものである。

ぼくはこちらの【痺れる!汁なし坦々麺】を来週アタマから始めようと前々から計画していたのですが、その前段階から興味を持ってもらおうと【自家製ラー油】を作る〝過程の段階で〟なるべく多くのひとに意図的に会うようにしていた。

なぜなら関心が欲しいからだ。そして肝心のラー油作りに関して言えば、

餅は餅屋にラーメン作りの事なら〝いま流行っている〟ラーメン屋さんに聞けばいい。

流行っているの定義はひとそれぞれあるかと思いますが、ぼくの中ではシンプルな基準で駐車場の埋まり具合を見て、よくお客さまが入ってるかどうか判断してますね。

ここで重要になってくるのが、聞きたい質問があると思っている人物と自分がこれまで築いてきた関係性なのは誰でも容易に想像がつきますよね?

普通なら『ラーメンの作り方を教えて下さい』と頼もうものなら、

『は?ふざけてんですか!?』となる

しかし、関係性が構築されていると

『え?じゃあ何でも聞いてください』に変わる

マルタイの優くんは、名前の通りやさしーーーっ!!

あとは平気で教えられる理由として自分の腕に圧倒的な自信があるからですね。

例えレシピを書いて渡したとしても、それ通りにやって全く同じ味にならないのが料理の奥深さであり、職人が職人として存在してる理由なのである。

ぼくは実際に〝自家製ラー油〟を作っていて感じた事は、材料を入れる際の油の温度が大事だと気付いたし、でもどのくらい油の温度を上げたらよいか正解はすぐにわかる訳がない。

数学とは違い、この数字を当て嵌めれば誰でもすんなり正解に辿り着くというものではないのです。結局は失敗を繰り返し、試行錯誤しなければ答え合わせすらできない。

そんな過程をSNSにアップする。そんな時は自信があってもなくても必ずドヤ顔しとけばいいんです(笑)

『ドヤ顔は成功の父』という言葉があるくらいですので。←ないわっ!

とにかく、自分の知っている人間が何度もチャレンジしている姿というのは〝応援してあげたい〟という気持ちを相手に持ってもらえる可能性が高いかとぼくは今までの経験則である。

あとは、自分でイベントや何かを企画して『ひとに楽しんでもらう』事に終始した〝実績がモノを言う〟こんなタイミングでね。

それにわからない事は『わからない』と素直に言える事はある意味、武器なのかもしれませんね。

大人になると変なプライドが邪魔をしてひとに頭を下げてものを聞くという行為をしたがらない人間が多いように感じます。自分のアイデンティティなんてその都度アップデートすればいいだけなのに。

ぼくの場合は、ビールを飲みながら聞いてました(笑)改めて思い返してみると、、何かほんとすいません!!!

そして、ぼくの一番ツイテイルところは、

めっちゃ美味しいお店がご近所にたくさんあって、食べ歩いてたら自然と仲良くなれた部分ですね。

正直、自分の発信する情報の信頼度にも関わるので〝おいしくなければ美味しいとは言いたくない〟その場凌ぎの嘘は、後から自分の首を絞める事になる。

なぜなら、SNS上にその発言つまり嘘は残り『嘘は必ずバレる時代だから』なるべくなら下手な事は発言しない方が得策ですよね。

因みに、チャイニーズバル杏花の亨さんが作った汁なし坦々麺用のラー油はたぶん『世界で一番うまい!』とぼくは本気で思ってる。

そんな腹黒だけど、嘘はつかないぼくが作った【痺れる!汁なし坦々麺】は、

7/9(月)のランチから始めます!

ピリリっと痺れる辛さを木更津市にお届けしますね!おっっ楽しみに〜♫♫

にわかファンで結構・けっこう・コケコッコーっ

つい先日行われたFIFAワールドカップ2018ロシア大会での日本VSポーランド戦での〝後半終了間際の10分前から時間稼ぎを目的としたパス回しによって予選リーグを突破〟という結果の是非を巡り、このワードはバスワードとなり顔も知らないひと達はツイートでこの話題に火に油を注いでいた。

遠い現地のロシアで応援してた日本人サポーターのひと達がこんなに喜んでいるのだし、何をそんなにムキになってツイッターで自国の代表を卑下しているのだろう?と〝にわかサッカーファン〟のぼくですら正直イラっとしていました。

この【にわか】という言葉には

『物事が急に起こる・突然』

または

『一時的なさま』

という意味を含んでいるそうです。

まあ分かりやすく表現するとこんな感じやね(笑)職場でも着てるし。

でも別にサッカーに限らず、そんな〝にわかな気持ち〟で好きなものを選んでも良いとぼくは思っている。

そう、何かを好きになったり興味を持つのに、昔から好きだったとか昔から知ってたとか関係ないじゃん??自分の感性のままに誰かのファンになりたいと思えばそれを表面に素直に出せばいいだけ。

そんなファンを全国から呼び寄せてしまおうというイベントをOWNDAYSという、いちメガネメーカーは

OWNDAYS_FAN_MEETINGという形で現実にやってのけた!!!

そして集まったひと達の目的は、その企業のブランド力に魅かれてというよりOWNDAYSで働くスタッフのひと達に興味があるから、自分の時間を割いてでもこの会場に足を運んだのだと思う。実際ぼくはそうでしたから。

ぼくより10才は余裕で年が離れているだろうというその若さでみんなが活き活きと発信をして、しかも仕事を楽しんでいるのがツイートを通して伝わってくる。

どんな企業文化を作ったら若者たちのモチベーションをこんなにも上げられるんだろう?と感じていたのは多分ぼくだけではないはずだ。

CTO(チーフ・短パン・オフィサー)のオクノヤさんのSNS研修を受ければ、即行動を起こすOWNDAYSスタッフのスピード感や吸収力は

〝若さゆえの柔軟性と勢い〟という言葉だけで説明がつくものなのか?

一体なにがこの企業で働くスタッフのみんなをこんなにも突き動かしているのかを知りたくて、またはシンプルに応援したくて全国からOWNDAYSファンが約80名も月末のしかも週末に集まったとか半端ないって…

そして、前回のクラブageha(アゲハ)で開催された〝OWNDAYS_SUMMIT(AM総選挙)〟の抽選に外れてしまったぼくは、どうしても一度はこの目で実際に見たい人物がいました。言わずもがな、OWNDAYS再生物語を体現してるカリスマ経営者『田中修治』CEOそのひとでした。

印象としては、SNSで見ているそのままの雰囲気でオクノヤさんと時には笑いを織り交ぜながら観ているみんなをトークの世界にするすると引き込んでいく。

OWNDAYS再生物語の裏話や社内通貨『STAPA(スタパ)』を活用している件についてだったり、最終面接の際にはやはり〝最初のフィーリング〟を大切にしてる事などなど、そんなトークの間にもイタズラっぽい仕草や無駄にキメ顔をぶっ込んでくるお茶目な田中社長を目の前で見れたのは、再現性のないLive感というかこの場に居れたひとだけの特典みたいなものですね(笑)

中でも印象に残ったお話はブログでも読んで知っていた下りなのですが、

途中で諦めそうになった時に心の支えになったのは、仲間がかけてくれる優しい言葉ではなく、今まで自分をバカにしてきたやつらの顔を思い出した時だ。

ここだけ切り取ると、嫌なやつに聞こえるかもしれませんがポジティブなだけでなく(ピンチはチャンスではなくピンチだ)ネガティブな感情すらパワーに変換するメンタルティの強さが一度は沈みかけたOWNDAYSという船をV字回復させた〝海賊船のキャプテン〟らしい例えでした。

そして人前にはあまり出ないイメージでしたが『OWNDAYS再生物語』(今夏に出版決定)でも重要なキーマンとして登場する

〝奥野良考CFO〟は思いの外ぶっ飛んでるお方でした(笑)

OWNDAYS再生物語の中では、会社の資金繰りに奮闘して銀行マンとやり合う敏腕でクレバーな印象を持っていたのですが、

リスケ管理の極意や3つの種類の税金を払う優先順位などなど『コレ言っちゃてもいいヤツですか?』を連発しながら、非常に為になるお話を連発して聞かせて下さいました。

SNSではオクノヤさんとよく一緒にいるのを見たフュービック社長〝黒川将大〟さんも初めてこの目で見る事ができました。NYで乗った白タクでの下りや(笑)高級なお店でお寿司をみんなにご馳走してカードで払ったんだけど、お会計額を一桁見間違えてたとか面白い話の中にもオクノヤさんや田中社長との信頼関係が伺えました。

更には、OWNDAYSの女帝HAMACHIこと〝濱地美沙〟さん

実は〝インカメおじさんことくっしー〟さんが通してくれたぼくのいるテーブルのすぐ後ろに位置するテーブルに濱地さんは座っておられたのですが、『なんか後ろの方からオーラを感じるな?』っと会場にいる時ずっと思っていたのですが、なるほど納得です(笑)

テーブルと言えば極め付けなのは、ぼくは千葉県にある木更津という田舎から高速バスと電車を乗り継いで会場に向かったのですがその時に着ていたのが〝九州ラーメン友理のマサさん〟が毎年SNSでのみ販売している友理T2018だったのですが、

くっしーさんに案内されるままにテーブルに通されたら、、こんな感じなりました(笑)

マサさん半端ないって…

お気に入りのラーメン屋さんのTシャツ着て東京のオシャレな会場までOWNDAYS_FAN_MEETINGにひとりで参加しに来たのにラーメン友理ファンが4人も並ぶとかそんなんできひんやん。普通そんなんありえる??

好きとか楽しいってプラスの感情はこんな風に普通ならありえない連鎖反応や奇跡を起こす可能性がある。

自分の直感を信じて好きなものには巻き込まれてみる勇気も時には必要だよ。〝にわか〟かどうかなんて大して意味を持ちません。

んで、結局ぼくが何を伝えたいかと言うと

メガネを買うならオンデース

大切なことなのでもう一度

メガネを買うなら次も絶対にオンデースで決まりだなっ!

ほんと行って良かった!サイコーに楽しかったです♫でも、もちろんそれだけではなく学んだことを少しでも自分のお店にも持って帰れたらとも思う。お土産のOWNDAYSのTシャツはもらった翌日に職場で着てましたけどね(笑)

そして木更津で長崎チャンポンを食べるなら、ぼくはいつもこちらのお店と決めてます。にわかファンなんで。

ぼくは◯◯という者です

もしあなただったら初対面のひとに自分自身を説明する時には何を持ってうまく伝えられると思いますか?やはり名前と職業で自分はこういう人間ですと説明するはずです。

『◯◯って会社の◯◯という役職の◯◯と申します』と言って名刺を相手に渡しますよね。最近よく仕事で名刺交換をする機会が多いのですが、ぼくはeightという名刺アプリに読み込んですぐ捨てちゃいます。

その理由は、名刺を束にして自分のロッカーに保管しておいても、再びそれを手に取って見返す機会がまずないからです。だから決して相手のことを軽んじてる訳ではなくiPhoneにデータとして保管してる方がよっぽど見返す可能性があるからそうしてる。

ぼくはそ〜んなに仕事人間ではないですが、今してる仕事は割と好きだと思います。なぜなら働いてて〝楽しい〟って思える時がよくあるから。それに仕事ができない人間に限ってつまらなそうに働いてたり、自分の職場の文句を関係ないひとに垂れ流してるよね。ほんとつまんないやつ(笑)

ストレスに耐える事の対価が給料だなんてほんとつまらな過ぎる考え方だ

勿論ぼくも毎日の仕事が楽しくてハッピーだなんてパリピな脳みそはしていない。それでも普段の生活の大部分を占める仕事を自らつまらないものと決めつけて感情を殺して淡々と作業する気にはなれないし、そもそもそんな人間が作る商品(ぼくの場合は主にお寿司と刺身)は良いものだと思われますか??

よく芸術などの分野では『細部に神が宿る』と言いますけど、料理も一緒で作り手の想いが形として出る。

ぼくは太田店の店長を勤めてもう8年目ですけど、それこそ何人もの板前を見てきました。自分の仕事を好きだと思えないひとはやはりそれなりのものを作る。

やっぱりね〝食べてくれるお客さまに喜んでもらえるものを作ろう〟ってシンプルに考えた方がいい。

嫌々仕事をしているのなら、さっさと行動すればいい、つまり『辞めちまえ』って本気で思う。そんなどストレートな性格なのでオープン当初はホール担当(接客)だったのですが、気付いたらぼくはキッチンで刺身を切るようになっていた(笑)

お富さん太田店はそれなりに大きい箱です。宴会場は最大で50名まで対応でき、一般席は14テーブル、52席あります。ただ性格のわるいだけの店長さんじゃ、このハコを今日まで維持できなかったという自負もありますね。

どんなお仕事にも当て嵌まる考え方なんですけど、お客さまに必要とされなかったら意味なんてないですよね??

必要とされるのはやっぱり嬉しいものです!

なので、お客さまを絡めた

みんなで楽しいを共有できるイベントをお富さんでバンバン打ちたいと計画中です

今後のぼくの行動に要チェックやでっ!なのでご興味のある方は、ぼくにメッセして下さいね。基本、宴会場が空いてればお食事のオーダーさえして頂けたら何に使ってもらっても構いません。

ぼくも〝楽しいを共有できる共犯者〟を巻き込むべく、既に水面下で動いてますよーーっ!

因みに、お金が絡むとアイツはちょっと怪しいとかすぐに言うひと居ますけど〝プロフェッショナルなら、お客さまに満足してもらった対価を頂く〟それだけかと。

だから、ぼくも自分から呼びたいと思えるその道のプロの方にはお店の販促費として報酬を支払います。

みんなで楽しめるキッカケをぼくは作りたい。ご賛同いただけないでしょうか??

SEO対策より手についたポテチの粉が気になります

ええ、2人とも真顔です。なんでこのサムネイルを選んだかという事は一度置いといて話を進めたいと思います。

なんか変なタイトルになってしまいましたが、ぼくが考えるネットと仕事の距離感はここ10年で『付き合いたてのカッポー』から『倦怠期を迎えた夫婦仲』くらいの成熟度になりました。そうなんです、もう初々しかったあの頃には戻れない(笑)

https://twitter.com/otomisan_jimmy/status/1005495808421064705?s=21

先日、オコメンの書いたGoogleマイビジネスについてのブログに対抗して『カラムーチョを手を汚さず食べれる』というどうでもいい情報をネット上に垂れ流していたのはこのぼくです。

Googleマイビジネスに限らず、とにかく自分が信用しているひとの投稿で良いなと思ったのならすぐにマネて実践することをお薦めします。やり方がよく分からないとか言い訳をするヒマがあったら自分でググってやり方を調べろのひと言で片付けられてしまう時代ですので。

伝わってますでしょうか??

SEO対策についてはその道に明るいひとの書籍やブログ、ツイッターを読み漁ればある程度の糸口は誰にでも見つかると思います。

そうなんです。情報が溢れているからこそ、自分がいまリアルタイムで知りたい情報を提供してくれるその道のプロを何人かピックアップしてフォローすれば、いちいちググってどの記事が一番いいかな〜って探す手間すらなくなる。

要は〝◯◯の事なら◯◯さんに聞けば間違いない〟ってやつです。

蕎麦は蕎麦屋に食べに行けばいい。ハンバーグが食べたいのに蕎麦屋に行くのはお門違いというものです。

先日、ぼくはおいしいタイ料理を食べに請西にあるアジアン・ダイニング Rom Asiaに行ってきました。ぼくは飲食店で働いてる傍ら色んなお店に外食に行くのが好きなんですけど、飲食店に対する評価って難しいですよね。だって自分の舌にはおいしく感じても、違う誰かからしてみれば合わないという事もある。結局は好みの問題なんですよね。因みにこちらの『脱皮カニのカレー炒め』は、ぼくにとってはおいしかったです♡でもタイ料理自体が苦手なひとやエスニックな風味のスパイスがどうにも合わないひともいる。それだけの差なのです。

そのひとが顔を出してSNSで発信している情報の信用度って突き詰めていくと、結局は自分の人柄が出ている投稿をしているかどうかって事に繋がります。まぁ当たり障りないのが一番無難なんですけど、たまにはふざけてみたり、たまには思いっきり笑ってみればいい。ぼくは(私は)何を好んで、どんな事に興味を持ち、普段はこんな仕事をしているんだって肩の力を抜いて発信すればいい。

それと同時進行で繋がりの薄いフィールドでリアルな意見を聞く耳も必要かと思います。アイコンに自分の顔を載せてないネットの中のひと達は、自分にブーメランが返ってくる心配がないと踏んでいるので実に率直な意見を書いてくれてます。

でも、ぼくの中では実店舗で起こるクレームとネット上に残る形でのクレームは別問題だと捉えてます。そもそも口コミサイトに書き込んだひとが実際にお店まで足を運んでくれたという証拠もないしね。あんまり鵜呑みにせず信用もしてません。世の中にはひとに嫌がらせして喜ぶヒマな人間も一定数はいますし。

それでも中には、繋がりが薄いからこそ読んでいてハッとさせられる意見もあるのも事実です。そして食べログを引き合いに出しましたがこの星の数でどのお店に行くのか選ぶための評価基準にしているひと達も確実にいます。

それでもぼくは自分が良いと思った商品やサービスについては、これからも変わらず声を大にして発信したい。

袖ケ浦にある『奈良輪豊月堂』の若女将のマキさんが持っている。森の隠れ家Cafe GROVE監修の珈琲わらびもちは、普段は甘いものを好んで食べないぼくでも好きな味で自分のお家用にまとめて買ったりとか、ステマでも何でもないリアルに感じたぼくの体温がある生の情報だからだ。

情報の真偽を見極めるがとても難しい今だからこそ、フォローするひとはちゃんと選んで自分に有益だったり、自分にとって楽しいやワクワクさせてくれるつまり共感できる発信をしているひとと繋がりたいものですね。

ちなみに豊月堂がある場所はこちらです♫