コロナ禍によって「人と集まる」という行為の価値観が再定義されたけど、やっぱり楽しい時には誰かと一緒がいいよね

お富さんジミーのブログ

ぼくの生業は飲食なのでお客様でいつもワイワイと賑わうお店作りをする事ことが正義とされていたが、コロナ禍によりその価値観は一変し人が人と集まる行為を感染拡大のリスクがあるから控えるようにとテレビやマスコミは緑の服を着た東京都知事のおばさんを筆頭に不要不急の職業の選別をしていた。

そもそも論なのですが「いらない職業」と選別された側の気持ちを考えた事あるんですかね?

もちろん技術の進歩によりなくなる仕事はあるかと思います。スマホやケータイがこれだけ普及すれば電話ボックスを作る工場のラインは経営判断によりストップするだろうし、昔は駅の構内で見かけた切符を切る駅員さんの業務も今では見かけません。

しかしそれらは時代の変化として徐々に受け止められたのであって、コロナという感染症が未知数なのでとりあえず感染源になりそうな仕事を名指しで決めつける行為には疑問符と同時にその根拠を知りたかった。なぜ?満員電車は許されるのに同じく混み合う音楽Liveは開催してはダメなのか。なぜ?物流を支えている配送員の人達に玄関先でアルコールを吹きかけられるという非人道的な行為をする人が少数にしろ現れたのか?

日本は欧米諸国と比べれば第一波・第二波をコロナ感染者数を少なく抑えていられたのは、みんなが他人に移さないようマスクをしたりする思いやりの文化だったり医療従事者の献身的なお仕事のおかげだと思っています。

そこで先日ツイッターで見かけたこのニュースにはさすがに開いた口が塞がらなかった。日本に住んでる以上は日本のルールを守らなければいけないがコレは酷いよね…みんなのこれまでした努力を政府はなんだと思ってんだろ??

そろそろ自分の頭で色々と今後の行動指針を改めて考える時期に差し掛かっている。お国に言われるがままでは少なくともぼく自身の仕事や生活は何ひとつ好転しないのだから。

かと言ってこれまで我慢してた外出や集会を両手をあげて賛同する訳では勿論なく、自分が考えられる範囲で感染症対応をしつつ「経済を回す」姿勢にシフトチェンジしたい。

ぼくの仕事で例えるならば、入店する時はマスク着用はほぼ義務になってるのに席に着いてご飯を食べる時は当たり前だけどもマスクを外しますよね。だからお店の経費をかけて飛翔感染防止用のアクリルガードスタンドを各テーブルのサイズを測って業者に特注し設置を試みました。それでもお客様によっては「これ邪魔だからどかして」と言われます笑笑

でもこうやって手探りでコロナ禍以前の生活を取り戻していかなければならない。これまでメシ屋は来てくれたお客様に安心・安全な食材を調理してお腹いっぱいになって帰ってもらうのが良しとされてたが、更に今後は感染症対策もお店選びの項目に入ってくるだろうと予測してるのでここらにも力を入れたいところです。

【人と集まる人数の最適化】

とどのつまり気の合う数人かのメンバーで楽しみや趣味を共有をする傾向がより一層強くなる。まあ忘年会シーズンにぼくがあえて言うべき事でもありませんが、大人数の飲み会がなくなっても少人数グループの予約がネット予約サイト経由で連日のようにバンバン入ります(別に見栄を張ってないからね笑)

今もお店に来てくれる常連客の中に野球の千葉ロッテマリーンズのファンの方がいるのですがインスタの投稿で拝見していると贔屓の球団を応援しにスタジアムまで足を運んでいるというよりは同じ球団を一緒に応援している仲間に会いに行っているという印象を強く受けます。つまり野球を見に行くという「目的」がいつしか“手段”に成り代わっているんですよね。

ぼくの実体験で例えるのなら、一人で大好きなリブロースステーキの厚切りを誰にも気を使わずに食べてる時よりも普段は好んで口にしないスイーツをワイワイ3人でシェアして食べてた時の記憶の方がより鮮明に覚えている。

どうせお金をかけるなら「何を」するかよりも「誰と」するかに価値を置きたいよね!きっとその方が人生を楽しめる気がします。

それでわ、下のリンクをポチっとな!!!今なら夜の予約をすると千円分のTポイントが加算されるので気の合う仲間やご家族とご利用下さいませ!というステマ記事でした笑笑

お富さん 太田店 050-5457-7802 千葉県木更津市東太田1-11-3
お富さん 太田店 - 祇園/魚介料理・海鮮料理 [食べログ]
お富さん 太田店 (祇園/魚介料理・海鮮料理)の店舗情報は食べログでチェック!〜活旬美味〜 活きのよい旬の素材を心を込めて美味しく 【個室あり / 禁煙 / 飲み放題あり / クーポンあり / ネット予約可】口コミや評価、写真など、ユーザーによるリアルな情報が満載です!地図や料理メニューなどの詳細情報も充実。

コメント