ひとを応援した方が自分も勝てることに繋がるって、さっさと気付いた方が圧倒的にコスパが良い

お富さんジミーのブログ
西野亮廣オンライン講習会〜超実践マーケティング〜
昨夜の20時にLive配信されたキングコング西野亮廣さんのオンライン講演会。そのアーカイブを今朝見たばかりなので、内容をぼくなりに文字起こししてみました。いま困っている誰かの一助となれば嬉しいです^_^※著作権とか引っかかってたら...

salon.jp/nishino

前回のブログでは主に『マーケティング』についてキングコング西野亮廣さんの考え方を書かせていただきましたが、その続編みたいな括りで最近の自分がとった〝行動〟を踏まえてこのブログを進めたいと思います。

やっぱり自分の取り分ばかり、そろばん叩いてるやつは相手にも見透かされてるよね

たぶん自分で思っているほど他人は自分のことを見てないし、興味もないのとは相反して『お金』が絡むと否が応でも相手を見定めないといけない場面がありますよね。そこでチェックポイントの1つとして、自分の取り分ばかりを主張してくるやつには気を付けろ!ですね^_^

店舗運営もそうですが経済活動を続けるには『お金』の問題は常につきまとってきますが、ここでちょっとだけ考えたいのは〝マネタイズポイント〟をなるべく後に置くということなんです。

もう少し分解してご説明すると、

キャッシュの回収 = すぐに or 後でいい

これだけの差なんですけどなかなか実践しづらいので買ってください!と闇雲にボールを投げがちになってしまいます。

そうではなくまずは見込み客になってもらえそうな畑を耕すことから始めた方がキャッシュの回収率は上がります。なぜならひとは自分に興味を示したひとに興味を持つという性質があるからです(腹の中まで超絶ブラックですいません!)

そのことを踏まえた上でまずは自分から〝GIVE〟を相手に送りましょう。ぶっちゃけ回収できなくても気にしないくらいの気構えでよいと思います。つまり『見返り』を気にかけてる時点はあなたは相手のひとに対して自分はこれだけ〝やってあげてる〟のにという気持ちが混じってるから、それはGIVEでも何でもなく自分のためだけにそろばんを叩いているのです←メンヘラに多い傾向

オススメする商品に嘘は混ぜてはならない

よくありがちですけど知り合いのお店の商品・サービスだからって自分で実際に試したりもせずにオススメしちゃ〝アウト〟だよね。

実名顔出しのアカウントは『信用』が担保である部分が強いから、安易に知り合いだからといって軽はずみに何でもかんでもオススメするのは自分の信用度に関わってくると自覚した方がいい。仮に自分の発信を見た誰かがその情報を鵜呑みにして商品・サービスを購入してガッカリされたらどう思いますか?二度と買わないし、あなたが発信する情報も信じなくなりますよね。

そこであえて言うのなら請西にあるタイ料理店『ロムエシア』がテイクアウトで提供する

『パッタイ(タイ風焼きそば)』のランチセットはうまかった!米粉でできたモチモチの平麺は弾力があって甘みを前面に押した味付けになっております。食べてる途中で味を変えるためにもらったナンプラー(魚醤)はクセが強い香りなので万人受けはしませんが、ぼくは振りかけて味変を楽しみました。

その商品・サービスを領収書を切らずに身銭を切って『体験』すれば、おのずとその価値はシビアに判断できるよね(テイクアウト戦線はほんとレッドオーシャンだけど笑笑)

お客さまの『ちょっと困った』を解決するから価値になる

ぼくの仕事は飲食なので〝食〟に関わることしか貢献できないけど、自店舗でテイクアウトやデリバリーを始めて実際にお客さまのお宅まで商品を届けていく内に色々と見えてくる景色がやはりあって『どうしたらもっとご家庭での食卓を飾る手助けになれるようなサービスができないか』を考えるようになった。

一応お店で作ったデリバリーのルールで15分圏内なら出前可能と定めたのですがどんなルールにも〝例外〟があると思っているので、ふとしたことがキッカケでデリバリー圏外のお宅までデリバリーをしてお客さまからいただいた感謝の言葉に

海老天丼、ネギトロ丼、マグロ鉄火丼

思えば我が家、

自粛始まって以来初めてお刺身、天ぷら食べた

と言ってもらえました。

コロナの影響は経済活動だけに限らず、各ご家庭の食卓での諸問題をも誘発している。まだ小さいお子さんがいるのなら、学校に行けば給食が当たり前のように用意されてたが休校になりそれは期待できなくなった。

見通しとしては2020年5月いっぱいで学校は再開されると発表はされてるが、その間でもご家庭のご飯を作るのは『お母さんの仕事』になっているのが現状だと予測されます。そんな〝ちょっと困った〟の一助になれるよう既存の飲食店は世間にアプローチして、こんなサービスもありますよって知ってもらう〝チャンス〟なのかもしれません。

これまでの飲食店は店内でのサービス込みで提供する料理の対価を受け取ってきましたが、これからは『中食』がテレンドになるのはほぼ間違いがありません。

世の中のお母さんにもっと楽をして貰いましょう^_^ぼくたち(飲食店)ならそれができる!!!

お富さん太田店のテイクアウト&15分デリバリーの情報はこちらから⤵︎

テイクアウト&便利な15分圏内デリバリーやってます #おうちでお店の味を
※2020年5月時点での作成となりますので、状況により内容が変更になる場合がございます【ご注文方法】※出前のお会計は便利なPayPay、アクアコインなどがおすすめです※店内レジでのお会計はクレジットカードも可※電話注...

コメント