新元号『令和』という時代の歩き方 by お富さんのジミー

早いもので4月も残りわずかとなり大型連休のGWに突入しましたね。エイプリルフールでもある月初の4/1には日本の新しい年号が発表され、ぼくも職場で仕事をしながらツイッターでNHKのライブ動画をみんなとそわそわしながら見ていた。

【令和(れいわ)】

とても書きやすいし良い響きのする言葉だと素直に思います。

ただ〝効率化〟だけを事務的に考えて西暦表記のみに切り替える会社も多いそうで、ちょっと残念に感じました。

ぼく(わたし)達は日出ずる国『日本』で生まれたのだから、やっぱりこの国の『文化』は大切にしたいよね。

※君津の蓮久寺にて撮影

新元号の出典元は【万葉集】の歌のからで

初春の令月(れいげつ)にして、

氣淑(きよ)く風和(かぜやわら)ぎ、

梅は鏡前の粉(こ)を披(ひら)き、

蘭は珮後(はいご)の香を薫(かお)らす

どんな意味が知りたくてネットで拾い読みをしたらこんな訳だそうです。

『時あたかも新春の好き月(よきつき)、

空気は美しく風はやわらかに、

梅は美女の鏡の前に装う白粉(おしろい)

のごとく白く咲き、

蘭は身を飾った香の如き香りを漂わせている』

ご先祖様はこんなにもキレイな歌をどこで誰に向けて詠んでいたのでしょうね。ちなみにこの時代の春の花といえば、桜ではなく梅だったそうな。そしてぼくはやっぱり〝花より団子(ビール)〟ですけど(笑)

また記者会見では安倍総理はこんなことを言ってましたね。

『人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味が込められております。』

『悠久の歴史と香り高き文化、四季折々の美しい自然、こうした日本の国柄をしっかりと次の世代へと引き継いでいく、厳しい寒さの後に春が訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人ひとりの日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたいとの願いを込め、令和に決定致しました。』

うん。とてもいいこと言ってますけれども経団連の会長さんも『終身雇用はもう守れないと思っている』とハッキリと言ってるし、多くの日本人は〝明日への希望〟をそんなには持ち合わせていないとぼくは考えている。

企業もこれまでは副業を禁止しているところも多かったが、いまや国も副業を推奨しているのは【会社も大変だし、自分の面倒はやっぱ自分でみろよ】ということをオブラートに包み隠さず伝えているよね。ウケる(笑)

http://www.news24.jp/articles/2019/04/19/06429964.html

【安定神話というファンタジー(幻想)】

かつては誰もがうらやむ安定した職だった銀行員。それが2017年にはメガバンク各行は、みずほ 1万9000人・三菱UFJ 9500人・三井住友 4000人分の業務削除という名の〝大型リストラ〟を宣言しているにも関わらず、2018年の就職先ランキングに昨年より『三菱UFJ銀行』がかなり浮上しているのは詰め込み式の学校教育の弊害というより、学生さんの想像力の欠如かと?

ぼくの職場にも体育系の学生さんのアルバイトがいますが人気の就職先トップは警察官で後に続くのは、刑務官・学校教師といった手堅いとされる公務員なのですが志望動機のひとつに『退職金の高さ』が含まれるのは何事もなく定年まで組織にぶら下がる気満々です。社会に出てすぐに奨学金のローン返済があるとはいえ、夢も希望もありませんね。

©️キャリズム

【もしも明日から○○が消えたら?】

例えば、ぼくの職業なら明日から『マグロ』が使えなくなったら何を売るのか??これからの時代はそういった『逸脱した思考』が必要になるとぼくは考える。スターバックスはコーヒービジネスをしているのでなく人間ビジネスをしているのだと唱えている。商品ではなくそこで働く〝ヒト〟に重きを置いているのだ。

AI(人工知能)やロボットが人間の仕事を代替えするとメディアで時々お見かけしますが、仕事を奪われるのを怖れるのでなく単純作業は機械に任せて人間はより〝クリエイティブな選択〟をすればいいだけ。モノづくりは3Dプリンターが台頭するかと予測されますが、そこには生み出すまでの『ストーリー』はなくやはり人間にしか作り出せない。

モノが溢れている【成熟期】の日本でも自己承認欲求に飢えてるひとがたくさんいますがそろそろ先ずは〝目の前に居てくれるひと〟を大切にしませんか??所詮は一円にもならない『いいね』の数を集めても、次から次へと欲しくなるだけかと。

2020年のオリンピックイヤーに世界に先駆け日本と韓国では『5G』にネット環境はアップデートされ動画コンテンツが伸びると、こぞってVR(仮想現実)産業に資本が集まると誰でも予測できますが、それでもリアルとは『体温』そのものなのです。

必要とし、誰かに必要とされること

それが『すべて』で他には何もない

だから、ぼくはこれまで通り自分を必要としてくれるひとを一番に大切にしたい。

【書評】チックタック〜約束の時計台〜 by お富さんのジミー

みなさんがお持ちになっておられる価値観の中で『絵本』の立ち位置ってどこら辺にありますかね?

ぼくは自分の子供に読み聞かせをしたいと思うまでは見向きもしないモノでした。もっぱら好んで読んでいたのは、ビジネス書や自己啓発本などいまの自分が〝すぐに使えるスキル〟を身に付けるために読書をしていた。つまり読書(本を買ったり読む時間を捻出する)イコール自分への『投資』と考えていました。

それが、チックタック〜約束の時計台〜の著者『にしのあきひろさん』に興味を持ち、その行動力や人間性に惹かれて『絵本』の購入にまで至り、その作品の背景すら調べているから不思議なものです。

まず、従来の絵本作りとは基本的に『ひとり』で制作するのが常識とされてきました。なぜなら複数人を雇うと〝お金〟を支払う必要があり制作費が上がるからです。それらの費用を〝クラドファウンディング〟で自分を応援してくれる人から集め、背景・建物・空などに特化したスキルを持つクリエイターと〝分業制〟にしたのは絵本業界ではまさに型破りな戦略となった。

https://salon.otogimachi.jp/salons/view/1hc1srjr-johu-o7eg-33xn-r8u88p2slizf

また制作過程を『西野亮廣エンタメ研究所』という国内最大数を誇るオンラインサロンのメンバーと逐一〝共有〟することにより、作品が世に出るのと同時にAmazonの絵本売上1位を獲得できるのをまぐれ当たりではなく『ロジック』を駆使して獲りに攻めた。

チックタック〜約束の時計台〜その発売日の4/18(木)は運良く仕事のオフ日だったので当日ぼくは普段はしない早起きをしてそそくさと高速バスで眠い目をこすりながら渋谷に向かっていました。

書店まわりをするにしのあきひろさんご本人がネットで渋谷駅付近のブックセンターを訪れる時間を発信していたので知っていたからです。そして、お目当は絵本にサインを入れてもらうこと。まったくもって我ながらいい年して只のミーハーですな(笑)

しかし、こういったファンとの交流をマメにできるのが〝コアなファン層〟をガッチリと掴むその要因の1つになっている。実際にその場にいたみんながソワソワして、また嬉しそうな顔をしていたのが印象に残っています。

さて、前置きはさておき肝心の【書評】となりますが

※ここからまだ読んでない方はネタバレ注意!

この作品にはテーマがいくつかあって、その1つに『誰しもが必ず〝報われない11時台〟がある』という事。

時計には長針と短針があって毎時ごとに一度だけ重なるんですよね。それがなぜか11時台だけは一度も重ならず、次に重なるのは12時ちょうど、鐘が鳴る(報われる)時なのです。つまり報われる前には必ず我慢をする時間帯がある、だからこそいま報われていなくても『決して諦めないで』というメッセージが込められている。

もうすぐぼく達の住む日本は元号が平成から『令和』へと移り変わるのですが、仕合わせなことに日本人にとって平成とは『戦争』を経験しないで済んだ時代でしたよね。

しかしぼくら世代(今年40才)の祖父・祖母は戦争経験者でした。きっとぼくには想像もつかないくらい大変な経験をされたかと思います。そして広島・長崎には原爆が落とされ、首都の東京はアメリカの爆撃機に焼け野原にされたというのもまた事実です。

作品中に〝火の鳥〟という火の雨を降らす生き物が登場するのですが、ぼくには戦争反対のアンチテーゼのように感じます。また今ある平和とは当たり前でないという意識を持たなければいけないと考えさせられました。

子供が読む物語にはタブー視されるであろう『戦争』というテーマをあえて匂わせるのは賛否両論あるかと思いますが、残念ながら現代も世界のあちらこちらで国同士や宗教的な対立で血が流れ、涙してる子供たちが世界のどこかに必ずいる。

最後に、今年小学校に上がったばかりの娘にチックタック〜約束の時計台を朝からせがまれ仕事に行く前にリビングのソファーに2人で座り、読み聞かせしたのですがヒロイン役のニーナが『ほんとに木になっちゃったの?』としきりに気にしてましたが、

それはご自分で絵本を買ってお確かめ下さいませ(笑)

読み終えた後ウチの娘はとても上機嫌だったので、きっと悲しいラストシーンにはならなかったとだけお伝えしときます。

小さい頃でも何気ない日常の思い出(読み聞かせ)は大人になっても覚えているモノです。2人でソファーに座って絵本を読むぼくにくっついてくる娘の手の温もりもまた、ぼくがおじいちゃんになっても忘れないと思います。

こちらのリンクから購入できますよ♫

https://www.amazon.co.jp/チックタック約束の時計台にしのあきひろ/dp/4344034481/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E3%83%81%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AF+%E7%B4%84%E6%9D%9F%E3%81%AE%E6%99%82%E8%A8%88%E5%8F%B0&qid=1556076271&s=gateway&sr=8-1

今年の夏は『冷やアツ体験』してみませんか?

お富さん太田店の店長さん(お前やろ?)はラーメンが好き過ぎて、海鮮料理がメインのお店なのに次々と新作ラーメンを開発しているのですが今年の夏のおすすめは『冷やし麻婆豆腐』を推させていただきます!

4/20(土)のランチからスタート

氷水で冷やしたモチモチの中太麺の上には自家製ラー油と花山椒を効かせたアツアツの麻婆豆腐を盛り付け、更には天に(てっぺん)は糸唐辛子。隠れて見えないけど、その下には温泉たまごがあるので混ぜて食べると味がまろやかになります♫更には、水菜のシャキシャキした食感と揚げたワンタンの皮のパリパリ感もプラス。

夏バテ対策に〝冷たい〟〝アツアツ〟の温度差を楽しめる『冷やアツ体験』を是非ともお富さんで体験してみてくださいね!

そして本日は早くも『冷やアツ体験』その第1号のお客さまがいらっしゃいました。こちらの@かわいい♡さんは実は辛いのが苦手なので、糸唐辛子は〝なし〟とのご要望でしたね。

そうなんです!ぼくが仕込んでいる自家製ラー油は辛いのが苦手なひとでも食べれる辛さに抑えてあるので、もっと〝痺れる辛さ〟が欲しい方は一緒にご提供している花山椒のミルを振りかけてみて下さい。味がピリリと締まります!

食べ盛りの男性のお客さまには嬉しい麺の大盛り〝無料〟もお付けできます。更にご飯を食べたい欲張りさんにはこちらの『ミニ豚の角煮ご飯』もおすすめとなっております。

【豚の角煮 × ご飯】

なんてご飯がすすむ君間違いなしの鉄板の組み合わせですね!刻みネギの上にちょこんと添えた『刻み海苔』はもちろん中川海苔店のものを使用してあります。

最後に大切なことなのでもう一度

新作ラーメンとミニ豚の角煮ご飯は

4/20(土)のランチタイムよりスタートします!

 ので、どうぞよろしくお願いしまーす!!

お富さん太田店ランチメニュー【価格改定】のお知らせ

定食もの各種

880円(税込み)→980円(税込み)

定食もの各種

1000円(税込み)→1100円(税込み)

セットもの各種

1480円(税込み)→1598円(税込み)

特上にぎり

1944円(税込み)→2160円(税込み)

レディースセット

2160円(税込み)→2484円(税込み)

一品もの各種

手作りモツ煮

410円(税込み)→518円(税込み)

まぐろカマ焼き

950円(税込み)→1296円(税込み)

若鶏唐揚げ

410円(税込み)→518円(税込み)

刺身3点盛り合わせ

880円(税込み)→950円(税込み)

ソフトドリンク各種

100円(税込み)→270円(税込み)

今すぐに読んでほしい『どうしてもお伝えしなければいけないこと』があります。

いつも当店をご愛顧くださりまことにありがとうございます。

私どもは日々お客さまの満足を第一に考え営業してきました。

そしてできるだけご期待に添えるようにベストな仕事をしてきたつもりでございます。

ですが今回、どうしても、どうしてもお客さまに伝えておかなければならないことがあります。

【それはランチメニューの値上げです。】

2019.4/15(月)にはメニューのお値段が変わるのに際して、

『なんだ値上げしたのか!』

『しょうがないよね!』

そんな風に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが聞いてほしいのです。

値上げに踏み切った理由をです。

私どもはこれまでなるべくお客さまに適正な価格でお客さまの口に合う料理とサービスと満足を提供してきたつもりです。

ですが今回値上げに踏み切った理由は、私事で恐縮ではございますが、度重なる食材の高騰、人材不足による人件費の高騰。

また増税、などの外的要因によって適正な価格での提供が難しくなってまいりました。

それにより価格を上げざる得ない状況になってしまったのです。

本来はこのような対策をしかるべきタイミングでとるべきでしたが、私どもの力が及ばない部分もあり、

どうしてもこの要因を覆すことが難しい状況まで追い込まれてしまったのです。

しかし、価格を上げることでお客さまへの負担が増えてしまうのではないかと思い、

これまで値上げをすることを留まっておりました。

ですが理由を聞いてもらえるとお分かりのようにこのままではお店の経営は圧迫し、営業もままならない状況にまで追い込まれる可能性が出てきました。

なので苦渋の決断ではございますが、今回思い切って値上げをすることに致しました。

ですが私どもの仕事はプライドとポリシーを持ってお客さまへのあくなき満足の追求を目指しております。

このことを分かっていただいた上で今回の値上げにご理解を示していただけたらと思います。

どうか今後とも当店をよろしくお願い致します。

また、2019.4/15(月)以前にご予約いただいている場合でも、4/15(月)以降は上記の価格にて販売しますのでまことに恐縮ですが、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。