緩やかに形成されるコミュニティとは

誰もが気軽に複数のSNSを利用するようになるまでは、ほとんどのひとにとって自身が属する【コミュニティ】とは、家庭だったり職場のひとや地元の学校の旧友によって形成されていたかと思います。たぶんその人物と知り合ってから経つ時間の長さがイコール『仲の良さ』の基準とされてきました。

しかし現在では、リアルタイムで距離という制約を超えて多種多様な価値観を持つ無数のひと達とネットを通じて知り合い〝緩やかな繋がり〟ができやすくなった結果、ぼく(わたし)達はどんな人間と付き合っていくべきか以前よりもライトに選択できるようになった。

もう既にひと昔前まであった『ネットで知り合ったひとは怪しい』という類の先入観や境界線はとっくに溶けてなくなっているのが現状だろう。もちろん人を見る目は必要ですけどね。

また距離といえば、たいして土地勘のない場所でもSNSで繋がりのある人がひとりでもいるとGPS上の距離と自分が体感する距離とでは〝一種のバグ〟が生じるから不思議です。その場所に知り合いがいると距離的には遠くとも感覚的には近くに感じられる。

AI(人工頭脳)やロボットなどの分野は日進月歩で進化していきどんどん便利な世の中になりそうですが人間という生き物は〝利便性だけ〟を求めてないような気もします。

そりゃ何でも便利なのに越したことはないけど、家から通いやすい距離にある美容室よりも車で20分はかかる床屋さんで髪を切ったり、この時期であればどこのコンビニでも売っているいちご大福をわざわざ知り合いのお店まで買いに行く。

それらは一体なぜでしょうか??

一概には言えませんが、現代の日本ではどんな商品やサービスでもそれなりにレベルが高いのだと思うのです。100円均一で売られている商品でも良いものはあるし、コンビニのレジ横にあるコーヒーの機械で淹れるコーヒーもそれなりにおいしいですよね。つまり、どんなにその商品やサービスにこだわってみても〝差をつけ辛い〟のが今の現状なんです。

ならばどこで自分のお店で取り扱う商品やサービスを際立たせるのかというと、自分の属するコミュニティの中で語ってもらうのです。

〝何を〟売るのかではなく、

『誰が』取り扱ってるのかが重要になる。

お花見の時期になれば、桜の花をみんなにも見てもらいたくなる。でもお花見っていざ呼ばれてみると『何か持っていかなきゃ』と気を使って意外と悩んでしまうものですよね。

そこでこちらでお弁当を用意して買ってもらうと、みんなから『ありがとう』と感謝される。普通は逆ですよね。商品を買ってもらった方がお客さまに感謝すべき立場なのに。

緩やかに形成されたコミュニティ内ではそんな出来事がよくあるのです。

オフの日に家族でイチゴ狩りに出かけた時もお昼はどこのお店にしようか考えた際には、まず近場の繋がりがあるひとがいるお店が選択肢に挙がる。

富津市の名物料理に穴子を使った『はかりめ丼』というものがあるのですが、いとや旅館のはかりめ丼はとてもおいしかった。

でも、その丼を食べられる似たようなお店は富津市内には無数にありました。店先に名物料理を謳ったのぼりを立ててお客さまを呼び込もうとしてる飲食店はたくさんあるのにぼくが家族を連れて、いとや旅館を選んだ理由はもうお分りですよね。

〝商品〟で差をつけ辛いのであれば、

『ひと』で選んでもらえばいいのです。

ぼくの働くお富さんでいえば、マグロを豪快に盛り込んだ定食が人気なのですが、その理由はリーズナブルでボリュームがあって旨いからお客さまに受けている。

でも、リーズナブル(安さ)を訴求するとお店(会社)は疲弊していきます。安売りを前面に押し出しいては利益率が低くなるのは誰の目にも明らかですよね。それに商品の安さだけに付いたお客さまは他にもっと安いお店ができればそちらに流れていく。

もちろん『安くてうまい!』は消費者側からしてみれば有り難いしとても嬉しい。お店側からしてもお客さまに気軽に来てもらえるよう〝売価〟はなるべくなら上げたくはない。それでもいま現在通ってくれているお店の『ファン』のひと達のためにも継続して経営していかなければならないとぼくは強く考えます。

と言うわけで(前振り長がーーっ!)

お富さんのランチ価格を

4/15(月)から値上げします!

詳しくはまたブログに書きたいと思います。

【木更津よいとこ一度はおいで!】中華料理『栄家』に行ってきた

木更津駅の西口には古き良き時代の名残りを漂わせる思わずふらりと立ち寄りたくなるレトロな建物がたくさんあります。

弁天町の『木更津会館(見番)』

江戸時代から房総の海の玄関口として栄えた木更津には様々な文化が流入し、そのひとつが『木更津芸者』と呼ばれる芸妓(げいぎ)が生まれ育ちました。

芸妓とは〝日本舞踊や三味線などの伝統芸〟を披露し、宴席に華を添える『伝統芸能者』です。この芸妓と宴席との取次や代金を清算する事務所兼稽古場として果たしたのが見番で、昭和4年の鳥瞰図(ちょうかんづ)では『二業組合』として記されています。

現在の『木更津会館』は昭和30年に建てられたもので、千葉県内に残る唯一の見番であり『木更津芸者』の伝統と文化を守り続けるために『木更津芸寮組合』のもと、踊りや小唄の稽古場として使われています。

そんな『木更津会館』のある裏通りを歩いてすぐにあるのがこちらの

中華料理【栄家】

車で通るとついつい見逃してしまいそうな場所には、昔から地元民に愛されるお店の数々があるのです。そんな栄家さんにランチに行ってきたのでご紹介されてもらいます。

専用の駐車場がなかったようなので、近くのコインパーキングを探して停められるのをおすすめします。

店内に入ってみると

テーブル席が5つ、カウンター席と奥には普段は団体客用に使われるであろう大部屋が1つありました。各テーブルには灰皿が置いてあったので喫煙可能みたいですね。

元気で愛想のいいおばあちゃんとその娘さんのお2人で切り盛りしていました。

壁には大きな活字のメニュー表があったのでiPhoneの画面操作でしたら画像を2本の指で軽く触れたまま押し拡げる『ピンチアウト』をすればメニューだけでなく価格も確認できます。

そしてカウンター席の黒板には

中華料理屋らしく『ニラレバ炒め定食』などその日のおすすめ定食が書いてありましたので次に行った際にはこの黒板を参考にしようと思います。

今回ぼくが頼んだのは

『生姜焼き定食(880円)』

こんもりと盛り付けられたメインの生姜焼きの他には、平皿に盛られたご飯に具がたくさんの豚汁。更には手作りのお新香に小鉢まで付いていました。

これはかなり食べ応えがありそうです!

こういった手作りのお新香って既製品にはない懐かしいおいしさがありますよね。ひじきの煮物の小鉢も『おふくろの味』と呼びたくなるお味でした。

さあ!いよいよメインの

『豚の生姜焼き』はとにかく〝ボリューム感〟がすごい。分厚いのが3枚も入っていました。正直2枚も食べればかなりお腹いっぱいになります。またお肉の下に敷いてあるキャベツの千切りにも生姜焼きのタレがよく絡み野菜もたくさん採れますね。

見た目のインパクトほど味付けはシンプルで重たくない。そして柔らかい豚バラロースとご飯がこれまた合いますので〝ご飯が止まらなくなる旨さ〟です。これ絶対に男のひとは好きな味ですね!!

『生姜焼き好き男子』には是非ともおすすめしたい定食になっております。

気になる営業時間は

ランチタイムは11〜15時まで

夜の営業時間は聞いてないので行かれる前にでも電話確認して下さいね!

そして定休日は毎週日曜日です。

【木更津よいとこ一度はおいで!】木更津港すぐそばにあるとんかつ『かつしげ』に行ってきた

もうすぐ平成から元号が変わりますが(2019.3月)昭和の雰囲気を彷彿とさせるような懐かしい下町情緒が溢れる〝木更津駅西口〟には昔から地元のひと達に愛されるお店が数多くあります。そんなお店のひとつを今回のブログではご紹介していきたいと思います。

とんかつ【かつしげ】

木更津港方面からお弁当屋の『としまや弁当』に向かう途中の大きなカーブの手前にあるので、この店舗の外観と白地に赤文字でとんかつと描かれた看板を目指せばすぐに見つかります。

店舗すぐ目の前には駐車場があるので車を停める場所を探さなくて済むのは東京から一番近い田舎〝木更津市〟の便利な点ですね。

店舗の出入り口には実物大の食品サンプルがありどれにしようか選べるので是非ともここで決めてしまいたいものです。

更においしそうな『オムライス』もあったので、小さなお子さん連れでも行きやすいと思います。

個人的には一番人気の『カツカレー』や見るからにそそられる『ポークソテー定食』も気になるところですが、せっかく久しぶりに来れたので今回は王道の『上とんかつ定食(1300円)』にしました。

ちなみに右下には活字のメニュー表があったのでiPhoneの画面操作でしたら画像を2本の指で軽く触れたまま押し拡げる『ピンチアウト』をすればメニューだけでなく価格も確認できます。

店内の雰囲気はこんな感じでテーブル席が3つに奥には小上がり席が2つあるのが見えました。

また『終日禁煙』の張り紙と木更津市がいま推し進めている地域通貨〝アクアコイン〟も使えるみたいです。しかも今なら5%還元なのもお得ですよね。

混雑時には相席になるかもしれないので、少人数でのご来店の際はあえてランチタイムをズラしてみるのも有効な手かも。

さあ、お待ちかねの

【上とんかつ定食】

主役のとんかつの下にはキャベツの千切りがこんもりと敷かれていました。付属のドレッシングは酸味がちょっと効いてて口の中がとてもサッパリします。

他にはご飯(大盛り)と体があたたまる豚汁に手作りのお新香が付いていましたね。

とんかつのお肉は柔らかくジューシーでとても旨い。脂身の部位は甘みがあってご飯が止まらなくなります(笑)お皿の端にある辛子をちょっとだけ付けて途中で味を変えても良いですね。

これだけボリュームがあれば男の人でもお腹いっぱいになれます。又は何人かで色んなメニューを頼んでシェアしてみても色んな味を楽しめると思います。

気になる営業時間は、

11時〜19時まで

中休憩は16時〜17時

となってました。

そして定休日は、

お盆休みなど臨時定休があるみたいなので行かれる前には念のためお店に電話して確認してみて下さいね。