誰に向けての発信なのか

ブログやお店のページなどの閲覧数を上げたいのなら『お役立ち情報』などを載せると良いと聞いたことがありますが、日々そんなネタが都合よくその辺に転がっているわけもなく、当たり障りのないありきたりなお店情報となってしまいがちになる。

そんなありきたりな発信を〝変えたい〟とお考えなら、まずは当事者のアイコンを本人だと誰にでも認識できる画像に差し変えることをおすすめします。

なぜならお客さまが商品を選ぶ際の『基準』〝どこ〟で買うかよりも〝誰から〟買うかに移行してきているからです。顔もわからない〝へのへのもへじ〟からは誰も自分の大切なお金を出したいとは思ってはくれない。

とにかく似たようなものを買うのなら、ひとはまったく知らないお店で初めて会う店員さんからよりも『関係性』の深いひとから買おうとする。

だからこそ自分の〝思いや考え〟その商品に関連する〝ストーリー〟をきちんと伝え、ひとに『興味』を持ってもらう努力を続けることが言わば、大手ではまねのできない中小企業の『独自化』へと繋がる。

例えば、どんなに材料や作り方にこだわっていたとしても誰の目にも止まらなければ〝存在しない〟のと一緒なのだから。

その価値を伝えたいと思えるひと達に『気付いてもらう』ためにはどうすればいいのか?をご商売をされているのなら常に考え続けなければならない。

そして現代では、あなたという『個性』をSNSを通して〝表現〟できるのです。

もちろん初めは誰にも届かないような、か細い声かもしれませんが『個を出した発信』を続けていれば、必ずその向こうで誰かが見てくれているものなんです。

ぼくが教わったSNSの『本質』とは、

一方通行的な情報発信ではなく〝双方向性のあるコミュニケーション〟でなければその発信には『体温が宿らない』とされている。

もしお客さまとコミュニケーションを取りたいのであれば自分らしい言葉で『語る』ことを意識したいものですよね。

ぼくは実際にそうすることによりたくさんの素晴らしいお客さまと『繋がり』ができた。それはお金では決して買えない〝財産(きずな)〟だと認識しています。

お店までわざわざ自分の時間を使って〝会いに来てくれる〟のは、ほんとに感謝でしかない。

一体何のために?

誰のために発信を繰り返しているのか??

忙しくてもふと立ち止まって考えてみる

世のお父さんたちは仕事で疲れた顔をよくしていますよね?やっぱり働くって大変なんです。それでもそんな大変なはずの『労働』ですけど、ちょっとだけ〝遊び心〟をプラスしてやればその発信を見てくれたひとがクスッと笑ってくれる。

『つらい・疲れた・つまらない』

と仕事に対する愚痴をネットで垂れ流してみても〝何の生産性もない〟だけでなく、見てくれたひとまでも嫌な気持ちになってしまう。

それに1日の大半を費やす仕事にくたびれただけのお父さんを一番近くで見ている自分の子供は〝将来◯◯屋さんになって働きたい〟と思ってくれますでしょうか??

子供は親のことをこちらが思っている以上に見ているのものですから。

ぼくの周りには、良い意味で刺激を与えてくれる〝尖った個性〟を持つ〝ヘンタイ〟みたいなひと達がごく稀にいます(笑)たぶん他人から見れば、ぼくもその部類に残念ながら入っているのだと自覚してますが、

そんなひと達は、仕事とは楽しいものではなくて〝メシを食っていくために〟仕方なくするものであるという昔ながらの『固定観念』に縛られている人間はいないように感じます。

もちろん大切な家族を養っていくためにちゃんと『お金』を稼いでいなければお話しになりませんが、それと〝同時進行〟でこれからの自分に必要な知識を常にアンテナを立てて探し、そして行動(学び)を続けている。

たぶん、いまある自分の中のちっぽけな価値観をアップデート(更新)しなければ、これから先は生き残れないと〝肌感覚〟で察知しているのだと思います。

でもそんな先の見えない将来を悲観するより積極的に色んなひとに関わろうとする姿勢には〝年齢とか関係なく〟頭が下がりますね。

〝誰に向けての発信なのか〟

ぼくには気の利いた『答え』は分かりませんが、古き良き時代の昭和の親父は〝背中で語る〟という価値観がありました。

でも、それって典型的な口下手なお父さんの言い訳のような気がします。

ほんとに『伝えたい』と思うことがあるのなら、やっぱり〝言葉(カタチ)〟にしなければ相手には伝わらないよね。

だからと言って、

『誰にでもいい顔なんてする必要なんてない』

このひととは分かり合えないと感じたのなら、相手に余計な言葉を浴びせる前にフォローを外せばいい。〝ストレス〟を抱えて自分に無理をしてまでSNSなんてやるものじゃない。

もしかしたら、SNSを通して見ているのはひとの頭の中ではなくて〝自分の内面〟を見ているのかもしれません。

自分の持つそのひとに対する〝先入観〟という色メガネを外すのはなかなか容易ではない。勝手に期待して、勝手に裏切られたような気持ちになる時もあるかもしれませんが、

それでもぼくはなりたい〝自分〟をイメージしながら、これからも『断固たる決意』で発信を続けていきます。きっとその先には想像もしてない素晴らしい〝出会い〟が待っているから!

ちなみに茂原市で〝美容室モルフェ〟をやっている『タケツグ君』が食べてたお富さん太田店で大変ご好評をいただいてる

〝痺れる・麻婆坦々麺〟

はこちらです!というステマ記事でした(笑)

コメントを残す