営業中にお店を飛び出しても会いたいひとに会いに行くのもたまにはいいですよ

お富さんジミーのブログ

いよいよ一カ月後にスタートする房総半島を股にかけた日本最大規模の超大型スタンプラリー!あいおいニッセイ同和損保 Presents

〝房総いいねスタンプラリーラリー〟

今年はその規模は16市町224店舗が参加し、プレゼント総額はなんと500万円以上となっております。ハンパない!!

業種・業態や地域を越えて房総半島を巻き込んだスタンプラリーがこれから展開されようとしてるのですが、その主旨をぼくなりに改めて理解するためにブログを書きたいと思いました。

①そもそもこのスタンプラリーの目的とは?

②具体的にお店のひとはどんな行動をとったらいいの?

③スタンプラリーが終わっても、お店のひと同士、お客さまとの繋がりが続くのがゴールです!

いきなり③で言いたいことを書いていますが、そのままの意味と受け取ってもらって結構です。なんか主催者でもないのに偉そうな文面ですけどね(笑)ほんとの主催者の方々はこちらです。

①このスタンプラリーは、世界的にも圧倒的なシェアを誇るSNS『フェイスブック』を通じて、まずはお店のひと達同士が繋がり〝ネット上に商店街を作るイメージで、その各店舗でお客さまが実際に商品なりサービスを受けた印としてスタンプを3つ集めてもらう〟のを目的としている。そして『3つ集まったスタンプカード』を各店舗のレジ付近に設置された『応募箱』に入れてもらえればオッケーです。簡単でしょ!

②お店側の人間は、まずスタンプラリー開始前に冊子とスタンプカードをお客さまに配らなければいけない。(配布開始の日付はご確認ください)

その際にはできれば、スタンプラリーの概要と開催期間の説明くらいひと言は添えてほしいですよね。

街頭で配るポケットティッシュとは違いただの紙媒体なので、何も言わず渡しても捨てられる可能性が高いからです。

会計時に大変かと思いますが、5秒くらいで説明できる『マニュアル文』があると便利ですよね!ぼくもこれから自分のお店用に考えます。(やっぱ段取りがなにより大事やね)

②がちょっと長くなりますが、加盟店のひと達にピンポイントアドレスです!

自分が興味を持てたり、応援したいなと思えるひとにはなるべく自分から会いに行った方がいい

その理由は簡単なようで『ギブ&テイク』みたいに〝お付き合いだし、わたしはこれをしてあげるからあなたもそうしてね〟みたいな感覚は捨てるべきだとぼくは考えている。

そんな仙人のような境地に達した頃には、こんな美人若女将さんやかわいい♡ひとが自分から会いに来てくれるようになります。

とにかく結局は、自分から楽しんで参加できるメンタリティを作らなければならない。

仕事の合間にスマホをポチポチ。。家に帰ってからもノートパソコンを開きカタカタ。。

ハッキリ言って面倒くさいですよね??

それでも、人との繋がりは(自分の価値観に合うひと)決してお金では買えないあなたの財産にきっとなります。実際にぼくがそうでしたから。

それでわ楽しんで下さいね。にんにん!!

コメント