とりあえず写真が一枚でもあれば投稿できるので、何でも写真を撮るクセを付ければいい

お富さんジミーのブログ

とは言うものの、ぼくは特定のお店に通い詰めるとだんだんとお店のひととインカメ自体を撮らなくなる。

お互いにあまりにもよく顔を見ているので『希少性がない』と感じるからだ(笑)

なので、いちいちポケットからスマホを取り出しロックを解除してからカメラを起動させるという、ほんの数秒あれば片手でできる手間さえ惜しむようになるから不思議です。

〝ポケモンGo〟で例えるのなら初めは『カビゴン』の影ですらポケモンサーチで見つかれば、めっちゃテンションが上がっていたのに2匹・3匹とゲットする内に段々とその熱が冷めていくのと同じ気がする←知らんがなっ

それでも『料理写真』だけは角度を変えて照明や逆光を気にしてまで撮りまくるのは飲食店をしてる職業柄からなのか、ぼくが単に猫舌ですぐに食べれないからなのか…

ちなみにぼくが使ってるスマホはiPhone Xなのですべてそちらで撮影しています。

カメラレンズの倍率を上げたい時には『ピンチアウト』といって、2本の指で画面を軽く触れたまま押し広げていきます。

まるで近くに寄っているような感じのするこの撮り方は、その料理やお皿のテカリ具合など思わず見ていてよだれが垂れそうになる『シズル感』の演出がハンパないです!!

はたまたカメラを開いてる時の画面下にあるメニューバーの中から『ポートレート機能』を選択し、敢えて〝背景をボカしてみる〟とカウンター席を上から見るとどうなっているのかなどの雰囲気が感じられるし、盛り付けられたお皿によってできた影の陰影もまたいい感じの味わいを醸し出せるよね。

そして料理をスプーンでひと口すくい、持ち上げてこれから食べようとするひとの目線を意識した『リフト』という撮り方をしても大変おいしそうに見えるのでおすすめです。

この撮り方は『ラーメンを食べる時にも有効』ですので、湯気の立つ麺を高々とお箸で掴んだ迫力を演出できるのでお試し下さいね。

でも、当たり前ですけど許可なくお店のひとを勝手に盗撮すると、それは『犯罪行為に該当する』のでやめてください。

ちなみぼくのiPhoneは写真を撮る際のシャッター音がなく盗撮に非常に向いているのですが、たぶん撮影時の前後数秒間を記録できる『Liveフォト機能』に設定しているからであって、決してやましい気持ちからではございません(笑)

そんな『金魚が泳ぐカウンター席』がぼくのお気に入りなのは、きっとお店のひとの前でも自分が自然体でいられるからだ。

もちろん〝親しき仲にも礼儀あり〟の気持ちは当然持っていますが←盗撮しといて…

いちお客さん・いち従業員という距離感を緩やかに縮めてくれるのは『お互いを尊重したコミュニケーション』が基盤となる。それはネットが発達した現代でも昔とさほど変わりません。

“チャイニーズバル杏花(しんふぁ)”

絶品『陳・麻婆豆腐』が食べたくなったり気になったら、Googleマップを貼り付けておいたので是非ともチェックして下さいね。

ぼくが働く〝お富さん太田店〟からお車で5分くらいの距離にありますよ〜!!

コメント