ぼくは◯◯という者です

もしあなただったら初対面のひとに自分自身を説明する時には何を持ってうまく伝えられると思いますか?やはり名前と職業で自分はこういう人間ですと説明するはずです。

『◯◯って会社の◯◯という役職の◯◯と申します』と言って名刺を相手に渡しますよね。最近よく仕事で名刺交換をする機会が多いのですが、ぼくはeightという名刺アプリに読み込んですぐ捨てちゃいます。

その理由は、名刺を束にして自分のロッカーに保管しておいても、再びそれを手に取って見返す機会がまずないからです。だから決して相手のことを軽んじてる訳ではなくiPhoneにデータとして保管してる方がよっぽど見返す可能性があるからそうしてる。

ぼくはそ〜んなに仕事人間ではないですが、今してる仕事は割と好きだと思います。なぜなら働いてて〝楽しい〟って思える時がよくあるから。それに仕事ができない人間に限ってつまらなそうに働いてたり、自分の職場の文句を関係ないひとに垂れ流してるよね。ほんとつまんないやつ(笑)

ストレスに耐える事の対価が給料だなんてほんとつまらな過ぎる考え方だ

勿論ぼくも毎日の仕事が楽しくてハッピーだなんてパリピな脳みそはしていない。それでも普段の生活の大部分を占める仕事を自らつまらないものと決めつけて感情を殺して淡々と作業する気にはなれないし、そもそもそんな人間が作る商品(ぼくの場合は主にお寿司と刺身)は良いものだと思われますか??

よく芸術などの分野では『細部に神が宿る』と言いますけど、料理も一緒で作り手の想いが形として出る。

ぼくは太田店の店長を勤めてもう8年目ですけど、それこそ何人もの板前を見てきました。自分の仕事を好きだと思えないひとはやはりそれなりのものを作る。

やっぱりね〝食べてくれるお客さまに喜んでもらえるものを作ろう〟ってシンプルに考えた方がいい。

嫌々仕事をしているのなら、さっさと行動すればいい、つまり『辞めちまえ』って本気で思う。そんなどストレートな性格なのでオープン当初はホール担当(接客)だったのですが、気付いたらぼくはキッチンで刺身を切るようになっていた(笑)

お富さん太田店はそれなりに大きい箱です。宴会場は最大で50名まで対応でき、一般席は14テーブル、52席あります。ただ性格のわるいだけの店長さんじゃ、このハコを今日まで維持できなかったという自負もありますね。

どんなお仕事にも当て嵌まる考え方なんですけど、お客さまに必要とされなかったら意味なんてないですよね??

必要とされるのはやっぱり嬉しいものです!

なので、お客さまを絡めた

みんなで楽しいを共有できるイベントをお富さんでバンバン打ちたいと計画中です

今後のぼくの行動に要チェックやでっ!なのでご興味のある方は、ぼくにメッセして下さいね。基本、宴会場が空いてればお食事のオーダーさえして頂けたら何に使ってもらっても構いません。

ぼくも〝楽しいを共有できる共犯者〟を巻き込むべく、既に水面下で動いてますよーーっ!

因みに、お金が絡むとアイツはちょっと怪しいとかすぐに言うひと居ますけど〝プロフェッショナルなら、お客さまに満足してもらった対価を頂く〟それだけかと。

だから、ぼくも自分から呼びたいと思えるその道のプロの方にはお店の販促費として報酬を支払います。

みんなで楽しめるキッカケをぼくは作りたい。ご賛同いただけないでしょうか??

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください